商工会議所で開催されたメカトロニクスの講習を弊社社員が受講して参りました。
 
手のひらサイズながら、実際に稼働するメカの製作も含まれた講習でした。
画像は、紙に描かれた線の上をトレースして走行するメカです。

受講内容


《受講感想》
 
メカトロニクスの講習を通して学んだことは、
「入力」+「制御」+「出力」のブロックプラミングについてでした。
 
生活の中で通常使用している身近な家電製品群がすでにメカトロニクスそのものというこを、
驚きと共に再認識しました。
 
メカトロニクスとは機械工学と電子工学を統合した学問分野。
機械の制御などに電子技術を応用し,高性能化・自動化を図ることです。
 
弊社の事業にも大いに応用の効く講座内容だったと思います。


 
こういった学びも含め、弊社の人材、商品共に質の向上を目指して参ります。

コメント